株式会社リブセンス

応募数3倍UP!流入数40%UP!
成功を遂げた人気求人サイトの広告施策

株式会社リブセンス

株式会社リブセンス様が運営する「ジョブセンス」は、約10万件の掲載数と、月間300万人のユーザー数※を誇るアルバイト求人サイトです。 (※2015年1月時点)

導入の背景

リブセンス様ではこれまで、リスティング広告やアドネットワーク、DSP、バーティカルメディア(特定の領域や業界に特化したメディア)など全般的に広告施策を行ってきました。 中でもフィードを活用した広告運用に注目したきっかけとなったのは、バーティカルメディアに掲載される求人情報に改善の余地がある、と気付いたことでした。

岩崎 亮 様

INTERVIEW

バーティカルメディアはオーガニック検索でも上位表示されやすく、ロングテールでの集客に有効なため、手堅く集客ボリュームを増やせると認識していました。 ここでさらに、リスティング広告でタイトルや説明文を調整するのと同じように、バーティカルメディアへ求人データを配信する際にもデータフィードを最適化し、見せ方を改善するだけでもCTRはかなり良くなるのでは、と考えました。株式会社リブセンス グループリーダー 岩崎 亮 様

株式会社リブセンス

データフィード最適化への期待と、実践する上での課題を教えてください。

費用対効果に合わせた単価調整など、より戦略的な広告運用体制を目指していました。

バーティカルメディアでは基本的に、媒体側のクローラーが各求人サイトから求人データを取得し、求人情報を掲載するという形を取っていますが、「データフィード」という仕組みを活用すると、各媒体に求人データを直接配信することができます。

データフィードを最適化することで、各媒体に最適化したデータを配信し、クリック率や獲得コスト(CPA)を向上させるだけではなく、費用対効果が高いアイテムや案件に特化して単価調整やカテゴリ設計ができるため、より戦略的な広告運用が可能となります。

基本の仕組み データフィード活用の場合

ジョブセンスのビジネスモデルは、掲載費無料、採用できて初めて費用が発生するという成功報酬型です。 そこで、自社で独自に案件や料率ごとにクオリティスコアを設定し、それをもとにカテゴリ分けや単価調整を行う等、戦略的な運用が重要になってきます。 もともとKPIはCPAでしたが、今はROASに指標を変更し、案件ごとに単価調整できる柔軟なフィード設計を目指していました。

A/Bテストの実施など、PDCAを回す負荷が高いという課題がありました。

当初は、データフィードを自社開発していました。しかし、配信先ごとのフィード開発やフィードを改善するためのA/Bテストの実施、PDCAサイクルを回す運用は負荷が高いという課題がありました。

そのため、バーティカルメディアの見せ方を変えるという新しい施策にチャレンジする上で、スピード感のあるフィード改善を行っていくための効率的な方法を模索していました。

「DF PLUS」導入で可能になったことを教えてください。

負荷なく効率的に、フィードの改善が可能になりました。

フィード改善におけるA/Bテストを行い、戦略的な広告運用を実現したい。そういう思いを理解してもらった上で協力に応じることができたのがデータフィード最適化サービス「DF PLUS」でした。 「DF PLUS」は商品データの作成・更新を自動で最適化するサービスです。手間なく管理でき、しかもクローリングより正確な情報を掲載できます。

DF PLUSを導入したことで、A/Bテストの実践や、案件ごとの単価調整も実現可能になりました。 自社ではフィード改善策の企画さえ行えば、実際の開発や設定のところは委託できるので、以前よりも負荷なく効率的にフィードの改善ができるようになりました。 フィードを調整するための管理画面ができた、という感覚です。 フィード調整用の仕組みをすべて自社開発するとなると、相当な工数がかかり現実的ではありません。 そこをすべてお任せできてしまい、導入しやすい価格だったこともDF PLUSの魅力でした。

データフィード最適化の効果はどのようなものでしたか?

スマートフォンではコンバージョン率がわかりやすく伸びて2ポイントアップ

実施内容 求人タイトルにPR文章/特定文言を追加 特定求人案件の除外 費用対効果を高めるデータフィード設計(求人スコアの活用) バーティカルメディアの効果数値 DF PLUS導入前後の比較 流入数(休日):最大40%UP! 流入数(平日):最大25%UP! 応募数:3倍UP!

アルバイトの求人応募はスマートフォン経由に集客が寄っているため、そこを伸ばせるということはインパクトとしても非常に大きいです。 データフィードを最適化することで、バーティカルメディア上の見え方を綺麗にすると、訪問数だけでなくコンバージョン率にも好影響が出るというのは、非常に興味深い結果でした。

今後 DF PLUSに期待することはなんですか?

フィードのプラットフォームになってほしいです。管理画面上でフィードや案件ごとに効果測定できるといいですね。 実際、AdWordsとDSPなどそれぞれの管理画面を見るのは大変ですし、できればフィードに関わる部分はひとつにまとめて管理したいと思っています。

そのための開発スピードはもちろん、A/Bテストをした結果やフィード改善によるアイテム・案件ごとの成果など、フィードフォースだからこそ得られる独自のノウハウをどんどん作っていて、それを強みにしていってほしい、と思っています!